読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バズビー博士の主張について

放射線 ニセ科学

もうダマされないための「科学」講義』 (光文社新書)−「付録」に記載のURL集はこちら
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20111009/1318150706


関連エントリー:ガーディアン紙が掲載した、放射線に効くと宣伝されるサプリに関する批判記事の紹介 
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20111122/1321976889
こちらの記事をお読みでない方は、まずこちらを先にどうぞ。

先日紹介したガーディアン紙のバズビー・サプリなどの批判記事を書いた記者のこの件に関するブログがありますので、訳して紹介します。彼のこれまでの主張についての疑わしい点などについて報告されています。

Christopher Busby's wild claims hurt green movement and Green party
クリストファー・バズビーの突飛な主張は、環境保護運動緑の党に損害を与える

http://www.guardian.co.uk/environment/georgemonbiot/2011/nov/22/christopher-busby-nuclear-green-party 
Posted by George Monbiot Tuesday 22 November 2011 13.45 GMTguardian.co.uk
Article history

The Green party adviser's theories on the Fukushima nuclear disaster and a 'leukaemia cluster' in north Wales are baseless scaremongering - even the anti-nuclear lobby must oppose him

福島原発事故災害ウェールズの「白血病集団」に関する緑の党アドバイザーの説は根拠の無いデマである反核団体であっても、彼に反対する必要がある

Christopher Busby says the Japanese government is deliberately spreading radioactive material from Fukushima around Japan

クリストファー・バズビーは日本政府は意図的に放射性の物質を福島から日本中に広げようとしていると言っている。

One of the most widespread human weaknesses is our readiness to accept claims that fit our beliefs and reject those that clash with them. We demand impossible standards of proof when confronted with something we don't want to hear, but will believe any old cobblers if it confirms our prejudices.

人間の弱さで最も蔓延しているものの1つは、自分達の信条に合う主張は受け入れるが、対立する主張は拒絶する、ということをしやすい気持ちである。我々は、聞きたくない何かと直面すると証明のしようのない基準を要求するが、我々の偏見を確認させるものならばどんな古びた戯言でも信じてしまう。

You can see it in almost every field, and I am sorry to say that environmentalists are not always immune to it. An example is the long-running failure by people within the green movement to challenge the claims made by a Dr Christopher Busby. Chris Busby is a visiting professor at the University of Ulster. He was formerly the science and technology spokesperson for the Green Party, which still consults him on matter such as low-level radiation and depleted uranium. Following the extraordinary revelations published by the Guardian on Monday, this may now change. More of that later.

ほとんどあらゆる領域でそれを見ることができるし、環境保護主義者達がそれに対して必ずしも免疫があるわけではないというのは残念である。一例が、クリストファー・バズビー博士によってなされる主張に疑問を投げかけることを、環境保護運動の内部の人々が長きにわたって怠慢し続けてきたことである。クリストファー・バズビーはアルスター大学の客員教授である。彼は緑の党の元科学技術広報担当であり、緑の党は今でも低レベルの放射線劣化ウランなどの問題を彼に相談している。月曜日のガーディアンに掲載される途方もない新事実の後では、これはもう変わっているかもしれない。今後はさらにそうだ。

One of Busby's best-known contentions, widely repeated by anti-nuclear campaigners, is that there is a leukaemia cluster among children living close to the coast of north Wales. This cluster, he maintains, is caused by radionuclides in the sea, from Sellafield and other sources.

バズビーの最も有名な主張の1つは、これは反核活動家達によって大いに繰り返されているが、ウェールズ沿岸の近くに住む子供たちの間で、白血病集団があるとするものである。この集団は、彼の断言するところでは、セラフィールドや他の発生源からの海中の放射性核種によって起こるという。

His findings were self-published and released by the environmental consultancy and research organisation he runs, called Green Audit. This means that they were not subjected to the scientific assessment required by peer-reviewed journals. Data and claims have to withstand the peer review process if they're to be treated by other scientists as worthy of further investigation.

彼の知見は自費出版され、彼が運営するGreen Audit (http://www.greenaudit.org/)という環境コンサルタントと研究の組織によって公表された。このことは、査読ジャーナルで必要とされる科学的な評価を、彼らが受けなかったことを意味している。他の科学者達からさらに調査する価値があるものとして扱われるためには、データと主張は査読のプロセスに耐えなければならない。

Busby's claims were later assessed by professional scientists working for the Welsh Cancer Intelligence and Surveillance Unit at the NHS, whose role is to record and analyse the incidence of cancer and monitor any trends in its occurrence.

バズビーの主張は、後にNHSのウェールズがん情報・調査部署に勤務するプロの科学者によって評価された。その部署の役割は、がんの発病率を記録して解析し、その発生におけるあらゆる傾向を監視することである。

They published their assessment in a peer-reviewed scientific journal, the Journal of Radiological Protection. Their paper reported a simple and devastating finding: there is no such cluster. Busby's claims, it seems, were the result of some astonishing statistical mistakes:

彼らは、その評価を査読科学誌であるJournal of Radiological Protectionで発表した。http://iopscience.iop.org/0952-4746/28/1/001/pdf/0952-4746_28_1_001.pdf 
彼らの論文は、その様な集団は無いという、単純かつ圧倒的な知見を報告した。バズビーの主張は、どうやらいくつかの驚くべき統計の誤りの結果であった。

・He counted the overall leukaemia incidence for Wales twice
彼は、ウェールズ全体の白血病発生率を二度数えていた

・He mixed up the figures from urban areas with those from small rural areas, "trebling the local incidence in north Wales" and creating "spurious clusters in various locations"
彼は、都市部からの数字を小さな農村地帯のものと混同し、「北ウェールズでの地域発生率を三倍にして」、そして「さまざまな場所の偽集団」を作り上げている。

・He claimed there were ten cases of leukaemia in young children in Snowdonia. In reality there was just one case
彼は、スノードニアの幼児達では10例白血病があると主張した。実際には、たった1例であった。

Worst of all, the paper says:
何よりも悪いのは、この論文が次に述べていることである:

・"Green Audit's supporting radiobiological theory is untenable. In essence the claimed effect has no biological plausibility." Later it goes on, "We found clear evidence of data dredging which renders all subsequent statistical inference spurious … the dataset has been systematically trawled."
「Green Auditがサポートする放射線生物学の説は支持できない。基本的に、主張された効果は生物学的な妥当性がない」 それに続いた後で、「我々は、データ浚渫(訳注:データを都合良く寄せ集めることで、恥ずべき行為を指摘する時に使う言葉のようです)の明かな証拠を見つけた。それはデータの示す統計的推論の全てを偽造し…そういうデータセットを手際よく漁ったということである」

Though Busby's "findings" had not been subject to peer-review, they were repeated uncritically in the Welsh media, spreading fear and distress among local people.

バズビーの「知見」は査読を受けていなかったのに、それらはウェールズのメディアで無批判に繰り返され、地元の人々の間に恐れと苦悩を広めた。

As for his "second event theory", which maintains that radionuclides are far more dangerous than scientists say they are, the paper shows that there is no evidence supporting this, and it has "no biological plausibility".

放射性核種は科学者達が言うよりもはるかに危険であると主張する彼の「セカンド・イベント理論」に関しては、その論文はこれをサポートする証拠を何も示していおらず、それには「生物学的な妥当性が無い」

None of this, however, is as disturbing as the remarkable story published in the Guardian today.

このことは、しかし今日ガーディアンに掲載される注目すべき話に比べたら、どれほどのこともない。

Busby appears in a video broadcast on YouTube. In it he makes a number of wild allegations. Among them is a startling conspiracy theory: that the Japanese government is deliberately spreading radioactive material from Fukushima all over Japan. The reason, he says, is that when clusters of childhood cancer start appearing in Fukushima, the parents of the victims will want to sue the Japanese government.

バズビーはYouTubeのビデオ放送に出演している。そこで、彼は多くのばかげた主張をしている。その中に、驚くべき陰謀説がある:それは日本政府が意図的に福島から日本中のいたる所に放射性の物質を広めているというものである。その理由は、彼が言うには、福島で小児がんの集団が現れ始めたら、被害者の親達が日本政府に訴訟を起こしたがるからだそうだ。

"But the only way that they can say that they've got high levels of cancer is to have a control group in an area that's not contaminated, for example the south of Japan. So I believe that the project to take this material and burn it all over Japan is to destroy all of Japan, to increase the cancer rate in the whole of Japan, so that there will be no control group to which you can compare these children in the Fukushima area."

「しかし、がん発症が高いレベルにあると彼らが言える唯一の方法は、例えば日本の南部などの汚染されていない地域の対照群を持つことである。だからこの物質を搬送し日本中で燃やす計画は、日本中の発がん率を増加させることで福島地域のこれらの子ども達と比較できる対照群を無くすことにあると信じている」

He produces no evidence to support this claim. Given that no radioactive waste has been removed from Fukushima prefecture, and there are no plans to do so, it is hard to see how he could.

彼はこの主張をサポートする証拠を何も提示していない。放射性廃棄物福島県から移動されておらず、そうする計画もないのに、それは無茶だろう。

He then goes on to promote expensive new pills and tests which, he says, will protect people in Japan from these alleged horrors. Scientists contacted by the Guardian describe these treatments as useless and baseless.

彼はそして、これらの疑惑の恐怖から日本の人々を守ると彼が言う高価な新しい錠剤と検査の宣伝に話を進める。ガーディアンが連絡をとった科学者達は、これらの処置は役に立たないし根拠がないと評した。

An organisation based in Japan, calling itself the Christopher Busby Foundation for the Children of Fukushima, and linked to Busby's own enterprise in Wales called Busby Laboratories, solicits donations for its work. But the bank account it asks people to send them to is not in Japan. It is called Green Audit, and the bank is in Busby's home town of Aberystwyth. Green Audit is an environmental consultancy and research organisation founded by Busby.

バズビー自身のウェールズにある企業であるバズビー研究所と関わりがあり、日本に拠点を置くChristopher Busby Foundation for the Children of Fukushimaと名乗る組織がその仕事への募金をつのっている。しかし、人々にそこに送金するようにと要請している銀行口座は日本には無い。Green Auditと呼ばれるものが名義となっており、その銀行はアベリストウィスのバズビーの故郷にある。Green Auditはバズビーによって設立された環境コンサルタントと研究の組織である。

When I phoned Busby to ask him some questions about these issues, his responses were less than enlightening. He began as follows: "You can fuck off frankly."

私がバズビーに電話して彼にこれらの問題に関していくつかの質問した時、彼の返答は決して有意義なものではなかった。彼は次のように始めた:「はっきり言うが、うせろ」

When I asked him what his involvement was with the Christopher Busby Foundation for the Children of Fukushima, he told me: "I think you can fuck off. I'm not going to answer your questions." When I asked whether the products being sold in his name are snakeoil, he responded: "Of course it's not snakeoil you fuckwit".

私が彼はChristopher Busby Foundation for the Children of Fukushimaにどう関わっているのかを質問すると、彼は私にこう話した:「うせていい。あんたの質問に答える気はない」 彼の名で売られている製品がインチキなのかどうかを質問すると、彼はこう答えた:「もちろんインチキではない、愚か者」

Busby answered some of my questions but put the phone down on me before I could ask what I considered to be the key points. These are:

バズビーは私の質問のいくつかに答えたが、私が重要なポイントだと考えることを質問する前に電話を切ってしまった。これらは次の通りである:

  • Are you receiving money from the sale of these products and services?

 あなたはこれらの製品とサービスの売り上げから金を受け取っているのか?

  • Have the pills being sold in your name been subjected to a randomised controlled trial to test their efficacy?

 あなたの名前で売られている錠剤はランダム化比較試験でそれらの有効性を調べたのか?

  • Are the tests being sold audited by external assessors?

 外部評価者による監査を受けて検査サービスを販売しているのか?

  • Do you draw money out of the Green Audit account for your own use?

 あなた個人の使用目的でGreen Auditの口座から金を引き出すか?

When I emailed these questions and others to him he sent me, "as my response to your questions" a summary of the proceedings of a conference that took place in 2009. Given that this was held before the Fukushima disaster, and before he started promoting pills and tests to the people of Japan, it was hard to see the relevance of this answer. No other response from him has been forthcoming.

私がこれらと他の質問を電子メールで彼に送った時、彼は私に「あなたの質問への返事として」2009年に開催された会議の議事録の要旨を送ってきた。福島の災害の前に開催されたものであるし、彼が錠剤と検査の宣伝を日本の人々に始める前のものでもあるので、この答えに関連があるとはとうてい思えない。彼からの他の返答もどれも芳しくない。

Those who oppose nuclear power often maintain that they have a moral duty to do so. But it seems to me that moral duties cut both ways.

原子力に反対する人々は、彼らにはそうする道徳的な義務があるとしばしば主張する。しかし、私には道徳的な義務は諸刃の剣であるように思う。

We have a moral duty not to spread unnecessary and unfounded fears. If we persuade people that they or their children are likely to suffer from horrible and dangerous health problems, and if these fears are baseless, we cause great distress and anxiety, needlessly damaging the quality of people's lives.

我々には、不必要で根拠のない恐れを広げないという道徳的な義務がある。もし我々が彼らの子ども達が恐ろしくて危険な健康問題で苦しむだろうと信じ込ませるならば、そしてもしこれらの恐怖に根拠が無いならば、我々は多大な苦痛と不安を引き起こし、人々の生活の質に不必要なダメージを与えてしまう。

We have a moral duty not to use these unfounded fears as a means of extracting money from frightened and vulnerable people, whatever that money might be used for.

我々には、これらの根拠のない恐れを、おびえて弱っている人々から金を引き出すのに利用しないという道徳的な義務がある。それがどんな目的で使われようとも。

We have a moral duty not to divert good, determined campaigners away from fighting real threats, and into campaigns against imaginary threats. Dedicated and effective activists are a scarce resource. Wasting their lives by encouraging them to chase unicorns is a disservice to them and a disservice to everyone else.

我々には、良き、やる気のある活動家達が本当の脅威と戦うことから離れて、想像上の脅威に対する運動に逸れて行ってしまうことをさせないという道徳的な義務がある。熱心で実行力のある活動家達は貴重な資源である。彼らにユニコーンを追わせることを奨励して人生を浪費させることは、彼らに害を及ぼすし、他の人達にも害を及ぼす。

We have a moral duty to assess threats as clearly and rationally as we can, so that we do not lobby to replace a lesser threat with a greater one. If, as is already happening in Germany, shutting down nuclear power results in an increase in the burning of fossil fuels, especially coal, far more people will suffer and die as a result of both climate change and local pollution. If, as now seems likely, we wildly miss our carbon targets and commit the world to runaway warming, partly as a result of the nuclear shutdown, history will judge the people who demanded it harshly.

我々には、できるだけ明瞭で理性的に怖れを評価するという道徳的な義務があり、より小さい脅威をより大きなものとすり替えたりするための陳情活動をしないようにする。既にドイツで起きているが、もし原発を止めれば化石燃料、特に石炭を燃やすことが増え、その結果としてずっと多くの人達が気候変動と地域の公害に苦しんで死ぬだろう。もし、現在ありそうなこととして、部分的に原発を止めることで炭素目標に大幅に届かずに世界が温暖化の一途をたどれば、歴史はそれを厳しく要求した人々を裁くだろう。

※注釈:脱原発を考える際に、二酸化炭素の排出量がどうなるかというのは、大きな課題です。地球の温暖化という問題にも関わる重要な視点だと思います。
私は、原発の停止に関する考え方はGeorge Monbiotさんとは違っています。原発は事故が起きた際に、被害が広範囲で長期間に及んでしまうので、総合的に考えると減らしていった方がいいと思っています。他の発電方法の技術を改善・開発していきながら、二酸化炭素の排出を抑えつつ、既存の原発と段階的に置き換えていくのが望ましいのではないかと考えています。

So this article is a plea for people to try to step back from their entrenched positions and see the bigger picture. It asks you to be as sceptical about the claims you like as you are about the claims you dislike. It asks you to subject everyone who makes claims about important and contentious subjects to the same standards of enquiry and proof.

本稿は、凝り固まった立ち位置から離れて、もっと大局を見てほしいという嘆願である。あなたが好む主張についても、あなたが嫌いな主張と同じ様に懐疑的であってほしい。重要で意見の割れるテーマに関して主張をするあらゆる人について、同じ調査と証明を行うことを願う。

I know that's a tough call, but it is not as tough as wasting our lives inadvertently campaigning, on the basis of misinformation, to make the world a worse place.

私はそれが難しい呼び掛けであることは知っているが、誤情報に基づいた不注意な活動で我々の人生を無駄にし、世界をより悪い場所にしてしまうことほど残念なものはない。

www.monbiot.com


関連ブログ:忘却からの帰還
ウェールズ人も似たようなものだという気がしてくる

http://transact.seesaa.net/article/236614857.html
・「金に無頓着な学者」
http://transact.seesaa.net/article/236911443.html

※バズビー博士が関わっている団体についての情報−「忘却からの帰還」より

・バズビーとよくわからない3つの団体 
http://transact.seesaa.net/article/228451149.html 
・バズビーのGreen Audit
http://transact.seesaa.net/article/231936573.html 
・導管体に使うつもりだったのかな?
http://transact.seesaa.net/article/232144587.html
・バズビーのLLRC
http://transact.seesaa.net/article/232246766.html