読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MMRワクチンと自閉症の捏造論文事件に関する歴史

捏造論文 健康 ニセ科学 医療 発達障害

関連エントリー
・予防接種で自閉症になるってホント?
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20110111/1294727614 
(まだ読んでおられない方は、ぜひ↑を先にお読み下さい)

・予防接種で自閉症になるという恐怖の拡大に加担したマスコミ側の問題について
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20110120/1295526687

2011年1月11日付けで、Brian Deer氏の続報BMJに掲載されました。
・How the vaccine crisis was meant to make money
http://www.bmj.com/content/342/bmj.c5258.full

この中で、MMRワクチンへの恐れがどの様にして英国で始まり、そこにAndrew Wakefield氏の捏造論文が関わって、マスコミも関与してそれを加速していった状況など、現在に至るまでを時系列で整理して示していましたので、これを紹介します。

Timeline of MMR scare

October 1988: The three in one measles, mumps, and rubella vaccine is introduced to the UK after successful use in the US since 1971. Previously, single measles and rubella vaccines were used, and there was no licensed mumps vaccine
1988年10月: 麻疹(はしか)、おたふく風邪、風疹の三種混合ワクチンが、1971年以降の米国での使用に成功した後、英国に導入される。それ以前には、単独のはしかと風疹のワクチンが使用され、認可されたおたふく風邪のワクチンは無かった。

September 1992: The UK Departments of Health withdraw two brands of MMR vaccine after research shows them to be associated with a raised incidence of transient mumps meningitis, although much lower than with natural disease
1992年9月: 英国保健省は、そのまま病気になるよりもはるかに低い率であるのに、一過性のムンプス髄膜炎の発生率の上昇に関連していると示す研究が出された後に、MMRの銘柄2つを取り止めにした。

January 1994: A campaign group, JABS, is launched in Wigan, Lancashire, alleging that MMR causes brain damage and other problems in children. Autism and inflammatory bowel disease are not initially claimed
1994年1月: MMRが子どもの脳障害や他の問題を引き起こすと訴えるキャンペーン活動をするグループJABSランカシャー州ウィガンで立ち上げられる。自閉症と炎症性腸疾患は当初は主張されていなかった

March 1995: Andrew Wakefield, a researcher at the Royal Free medical school, files for a patent claiming that Crohn’s disease and ulcerative colitis may be diagnosed by detecting measles virus in bowel tissue and body fluids
1995年3月: Royal Free 医大の研究者であるAndrew Wakefieldクローン病潰瘍性大腸炎が腸組織と体液に麻疹(はしか)ウイルスを検出することで診断可能という特許を申請。

September 1995: Paediatric gastroenterologist John Walker-Smith moves with most of his team from Bart’s hospital, London, to set up a service at the Royal Free
1995年9月: 小児胃腸科の専門医John Walker-SmithがロンドンのBart’s病院から彼のチームの大半を連れてRoyal Free病院に科を立ち上げるために異動。

February 1996: JABS solicitor, Richard Barr, retains Wakefield, at £150 an hour, plus expenses, to support a speculative legal attack on MMR manufacturers. This contract is not publicly disclosed
1996年2月: JABSの事務弁護士 Richard BarrがWakefieldをMMR製造業者への思惑のある法的攻撃を支援する為に時給£150+経費で雇う。この契約は公表されなかった。

July 1996: The first child is admitted to the Royal Free for research to try to show a link with MMR. The research is commissioned by, and supported with a £55 000 grant from, the UK Legal Aid Board, but this is not publicly disclosed
1996年6月:最初の子どもが MMRとの関連を示そうとする調査研究の為にRoyal Freeに入院させられる。この調査研究は英国法律扶助委員会からの助成金£55 000で支援されたが、これは公表されなかった。

September 1996: Wakefield and his mentor Roy Pounder meet medical school managers to discuss market projections for a new business based on purportedly diagnosing Crohn’s disease from the presence of measles virus
1996年9月: Wakefieldと彼の助言者であるRoy Pounderが、医大の経営者と麻疹(はしか)ウイルスの存在によるクローン病の診断法というものに基づいた新しいビジネスの市場予測を話し合うために会う。

June 1997: Claiming that the measles virus in MMR causes problems, Wakefield files for a patent on a “safer” single measles vaccine and for products to treat both autism and inflammatory bowel disease. This, too, is not publicly disclosed
1997年6月: MMR中の麻疹(はしか)ウイルスが問題を起こすと主張して、Wakefieldは「より安全な」単一麻疹(はしか)ワクチンの特許と自閉症と炎症性腸疾患の両方を治療する製品の特許を申請。これも公表されなかった。

February 1998: The Lancet publishes a 12 patient case series by Wakefield and 12 others, proposing a link between MMR and a “new syndrome” of autism and bowel disease. At a press conference, he urges the use of single vaccines instead of MMR
1998年2月: MMRと、自閉症および腸疾患の”新規な症候群” との関係を提言するWakefield とその他12人による12人の患者の症例シリーズをThe Lancetが掲載する。記者会見で、彼はMMRの代わりに単一ワクチンの使用を呼び掛ける。

February 1998: Just days after the press conference, Wakefield and business partners meet Royal Free medical school managers to discuss a joint company to develop products based on his MMR claims, including “a replacement for attenuated viral vaccines”
1998年2月: 記者会見のわずか数日後、Wakefieldとビジネスパートナー達がRoyal Free医大の経営者と彼(Wakefield)のMMRの主張に基づいた「 弱毒化ウイルスワクチンの代替品」を含む製品を開発する合弁会社について話し合う為に会う。

February 1999: Unigenetics is incorporated, with Wakefield and a Dublin pathologist, John O’Leary, as directors. The company is awarded £800 000 by the Legal Aid Board to perform tests on samples from children seen at Walker-Smith’s Royal Free unit
1999年2月: Wakefield とダブリンの病理学者であるO’Leary を取締役とするUnigenetics社が合弁される。この会社はWalker-SmithのRoyal Free病院の部署で見出された子ども達からの試料の検査を行う目的で法律扶助委員会から£800 000を助成された。

December 1999: Mark Pepys, new head of medicine at the medical school, challenges Wakefield about his business scheme and puts him on notice that he must replicate his research
1999年12月: 医大の新しい医学部長であるMark Pepysが彼(Wakefield)の事業計画についてWakefieldに異議を申し立て、彼の研究を再現しなければならないとWakefieldに通告する。

January 2001: The Daily Mail and other newspapers launch campaigns backing Wakefield, working with JABS, after he publishes a purported review of his evidence and repeats his calls for single vaccines
2001年1月:Wakefieldが彼の証拠の再検討をしたというものを発表して単一ワクチンの要求を繰り返した後、The Daily Mailと他の新聞がJABSと連携してWakefieldを支援する活動を始める

October 2001: Wakefield is asked to leave the Royal Free after failing to mount a large scale controlled study to confirm or refute his claims about MMR
2001年10月: Wakefieldは彼のMMRについての主張を確認または反証する為の大規模な比較試験を開始しようとせず、Royal Freeを去るように言われる。

December 2001: Prime Minister Tony Blair is ambushed by Wakefield supporters, who claim that his youngest son, Leo, did not have MMR. The Blairs initially decline to comment but much later deny the claim
2001年12月: Tony Blair首相が、( Blair首相の)末息子のLeo君はMMRを受けなかったと主張するWakefieldの支援者達に待ち伏せされて襲われる。Blair家は当初はコメントするのを断るが、かなり後でその(Leo君はMMRを受けなかったという)主張を否定した。

May 2002: Amid continuing media campaigns over MMR, particularly by the Mail and Telegraph groups, the magazine Private Eye issues a special edition, written in collaboration with families that are suing vaccine manufacturers
2002年5月: 特にthe MailとTelegraphグループによるMMRに対するマスコミのキャンペーンが続く最中、the magazine Private Eyeはワクチン製造業者を訴えている家族との協力で書かれた特集号を発行する。

January 2003: Vaccination among 2 year olds falls to 78.9%: below the 92% the Department of Health says is needed to maintain herd immunity. Figures in parts of inner London are half the national rates
2003年1月: 2歳児のワクチン接種が78.9%に落ちる:保健省が集団免疫を維持するのに必要であるとする92%を下回る。ロンドン内のいくつかの地域の数字は全国の比率の半分。

September 2003: The Legal Services Commission stops funding for Barr’s lawsuit after barristers for the claimants report to the commission that, on the evidence, they cannot make a case that MMR causes autism
2003年9月: 法律扶助委員会は、原告の法廷弁護士が証拠の上でMMR自閉症を論証できないとその委員会に報告した後、Barrの訴訟に資金を出すのを中止する。

February 2004: The Sunday Times reveals that the Legal Aid Board funded the Lancet research and that many of the children were litigants. Richard Horton, the journal’s editor, rejects more serious charges against the authors, later proved by the GMC
2004年2月: The Sunday Timesが、法律扶助委員会がthe Lancet論文に資金提供し、(被験者である)子ども達の多くが訴訟に関係していた事を曝露する。そのジャーナル(The Lancet)の編集者であるRichard Hortonはその著者らに対するより重い罪を否定したが、後にGMCによって証明される。

March 2004: Ten of the 1998 paper’s 13 authors, excluding Wakefield, retract its “interpretation” section, which claimed an association in time between MMR, enterocolitis, and regressive developmental disorders
2004年3月: 1998の論文の13人の著者の内、Wakefield を除く10人が、MMR腸炎、および退行性自閉症が時間的に関係していると主張している「解釈」の部分を撤回する。

November 2004: Channel 4’s Dispatches reveals Wakefield’s single vaccine patent and that, despite Wakefield’s claims that the culprit for the disorders is measles in MMR, molecular tests in his laboratory found no trace of the virus
2004年10月: Channel 4の特報がWakefieldの単一ワクチンの特許と、障害の原因がMMR中の麻疹(はしか)だとするWakefieldの主張にも関わらず、彼の研究室での分子検査でそのウイルスの痕跡は何も見つからなかったことを曝露した。

January 2005: Wakefield initiates libel lawsuits, funded by the Medical Protection Society, against the Sunday Times, Channel 4, and Brian Deer over Deer’s website, claiming that all allegations are false and defamatory
2005年1月: Wakefieldは、医療保護協会の資金援助でthe Sunday Times、Channel 4、およびDeer のウェブサイト全体に関してBrian Deerに対し、全ての主張が虚偽であり中傷だとして名誉毀損を訴え始める。

March 2005: Among much research rejecting any link with developmental disorders and bowel disease, research is published showing that, after MMR was discontinued in Japan, the incidence of autism diagnoses continued to rise
2005年3月: 多数の研究が発達障害と腸疾患とのどの関連も否定する中で、日本でMMRが中止された後も自閉症の発生率が上昇しているということを示す研究が発表された。

October 2005: In the London High Court, Mr Justice Eady refuses an application from Wakefield to freeze his libel actions and orders him to proceed to trial of Deer’s allegations against his “honesty and professional integrity”
2005年10月: ロンドン最高裁判所で、Eady裁判官はWakefieldからの彼の名誉毀損訴訟を凍結する申請を拒絶し、彼(Wakefield)に彼の「公正さと専門家としての誠実性」に対するDeerの申し立ての裁判を進めるように命じる。

April 2006: As measles outbreaks are reported across Britain, the first death in the UK from the disease in 14 years is reported—a 13 year old boy from the traveller community
2006年4月: 英国を全域で麻疹(はしか)が発生しているとの報告と同時に、英国で14年ぶりにその病気での死者が報告される−旅行者コミュニティー出身の13歳の少年。

December 2006: The Sunday Times reveals Wakefield’s personal funding from Barr to support the lawsuit over MMR: £435 643 plus expenses, from the legal aid fund. Some other Royal Free doctors were also paid
2006年12月: The Sunday Timesが、MMRに対する訴訟を支援する為にBarrからWakefieldへの£435 643に必要経費を加算した法律扶助基金からの私的な資金援助を曝露。その他に何人かのRoyal Free病院の医師達にも支払われていた。

January 2007: Two days after the payments from Barr are revealed, the Medical Protection Society stops funding for Wakefield’s libel actions and agrees to pay the defendants’ costs of about £800 000 on top of its own legal bills
2007年1月: Barrからの支払いが発覚した後、医療保護協会はWakefieldの名誉毀損の訴えへの資金提供を停止し、それ自身の弁護料に加えて約£800 000の被告の費用の支払いに同意する。

July 2007: At a fitness to practise hearing in London, the General Medical Council opens its case alleging serious professional misconduct by the Lancet paper’s three senior authors, Wakefield, Walker-Smith, and endoscopist Simon Murch
2007年7月: ロンドンでの診療適切性審査で、医学総会議がthe Lancet論文の3人の上席筆者、Wakefield、 Walker-Smith、および内視鏡医であるSimon Murchの重大な職務上の違法行為を訴えている件の審問を開始する。

February 2009: The Sunday Times alleges that Wakefield “fixed” the appearance of a link between MMR and autism. He denies fraud and files a complaint with the UK Press Complaints Commission, which he later abandons
2009年2月: The Sunday Timesが、Wakefieldが MMR自閉症の間の関係の見かけを「修繕」したと主張。彼は不正行為を否定し英国報道苦情処理委員会に苦情を申し立てるが、後に断念する。

February 2009: In the United States, three test case judgments for 5000 claims based on Wakefield’s theories are handed down in federal court, rejecting the allegation that MMR can cause autism. They are upheld on appeal in August 2010
2009年2月: 米国で、Wakefieldの説に基づいた5000の訴えに対する3つの試訴に連邦裁判所で判決が言い渡され、MMR自閉症を引き起こし得るという主張を却下した。それらは2010年8月の上訴で支持された。

January 2010: A panel comprising three doctors and two lay members gives findings of fact on the GMC’s case, upholding dozens of charges against Wakefield, Walker-Smith, and Murch and sending all three forward for sentencing
2010年1月: 3名の医師と2名の非専門家で構成される委員会がGMCのケースに関する事実認定を与え、Wakefield、 Walker-Smith、 およびMurchに対する数十もの容疑を支持し、判決を下すため3人全員を送り出す。

February 2010: Six years after the matters were raised with the Lancet, the journal fully retracts the 1998 paper. Horton describes aspects of it as “utterly false” and says he “felt deceived”
2010年2月: the Lanceにその問題が提起されてから6年後、その雑誌が1998年の論文を完全に撤回する。Hortonはそれは「全くの虚偽」の様相だと評し、「騙されたと感じた」と述べた。

May 2010: After a 217 day inquiry, the GMC panel orders Wakefield and Walker-Smith to be erased from the medical register, but notes that Murch had shown “insight” and finds him not guilty of serious professional misconduct
2010年5月: 217日の審問の後、GMC委員会はWakefieldとWalker-Smithは医師登録簿から抹消されるように命じたが、Murchは「見識」を示したことと重い職業上の不正行為の罪は無いとする評決を下す。

ざっと、この様な流れになります。

Wakefield氏が捏造論文を元ネタにして、色々と儲けようとしていた様子もこのタイムテーブルの中にチラホラとありますが、これについては興味深い事も記事の中に書いてありました。

Investment analysts told me that the late 1990s was a prime time to raise cash from optimists. “Money flowing into the City post-deregulation had driven the start-up of a load of inexperienced investment schemes in biotech,” one pointed out. “Very few venture capitalists have the technical knowledge.”
証券アナリスト達は私に1990年代の後半は楽観主義者達からお金を集める最盛期だったと話す。「規制撤廃後の金融街への金の流入は経験した事のない多数のバイオテクの投資計画の立ち上げを突き動かした」と、ある人が指摘した。「技術的な知識のある投資家はほとんどいない」

1990年代後半は、英国で規制緩和が後押ししたバイオベンチャーのブームがあったことが背景としてあり、技術的な知識のある投資家がほとんどいない中、「なんとなく有望そうなネタ」にこぞって人々が飛びついてもてはやしていた様です。

専門家から見るとかなり怪しいネタでも、それが一般に対して上手にかつセンセーショナルに宣伝されることによってどんどん資金を呼び込むことができた様で、Wakefield氏はマスコミを上手く利用しました。権威あるThe Lancetに彼の論文が掲載されたことも、元々ちょっと怪しげな調査研究に「お墨付き」を与えてしまいました。

・THE WALLSTREET JOURNAL: Junk Science Isn't a Victimless Crime
by PAUL A. OFFIT
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703779704576073744290909186.html

The editor of the Lancet, Richard Horton, sent Dr. Wakefield's paper to six reviewers, four of whom rejected it. That should have been enough to preclude publication. But Mr. Horton thought the paper was provocative and published it anyway.
The Lancetの編集者であるRichard Hortonは、Wakefield博士の論文を6人の査読者達に送ったが、その内4人はそれをリジェクトした。これは掲載から除外するのに充分なものであったはずだ。けれども、Horton氏はその論文は挑発的であったので、何にせよそれを掲載したいと考えた。

注目を浴びる内容のものだと考えたのでしょうが、その論文の掲載はちょっと軽率であったのではないかと思われます。

Wakefield氏がこの関係で最初に特許の申請をしたのが1995年、Barr氏から資金を受けてMMR自閉症/腸炎調査研究を開始したのが1996年です。 Wakefield氏が取締役の1人となって合弁会社(Unigenetics社)を設立したのが1999年
丁度1990年代後半という、英国でバイオベンチャー企業などの立ち上げが盛んだった頃と重なります。
Wakefield氏は、時代の雰囲気に乗って「一儲けしようと悪乗り」し、また周囲もそれを支えて一緒になって盛り上げてしまったように感じます。

(参考)忘却からの帰還
・Andrew Wakefieldが一歩も引かなくても
http://transact.seesaa.net/article/180571339.html