読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第36回日本分子生物学会 理事会企画フォーラム「研究公正性の確保のために今何をすべきか?」後記

理事会企画フォーラム「研究公正性の確保のために今何をすべきか?」
http://www.aeplan.co.jp/mbsj2013/mbsj_forum.html

この企画をされた分子生物学会の理事会の方達は、かなり真剣に研究不正防止について考えています。
このフォーラムには、NHK複数の新聞社の記者も取材に来ていました。
主要なメディアもこの問題に高い関心を持っている事が分かります。

私の方からは、実際にあった研究不正の事例を紹介しました。
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20131207/1386394597

研究不正は隠れて行われているので、日常目にすることは無く、こうした不正が行われているのがごく一部の稀な事と捉えている人達は、特に対策なんて余計な事をしなくても良いと考えがちなのだというのも分かりました。
私は、これまでに発覚した最近の研究不正は画像のコピペなどが偶然に見つかったものが多く、実は発覚せずに不正が行われ続けているケースというのは、案外と多く潜んでいるのではないかと思っています。

不正の多くは論文を手っ取り早く出す為に行われていて、ズルして業績を増やすことで競争に有利になり、アカデミックポストをそれで手に入れている事例も多く、結果として、まともにやっている人達の邪魔をしています。不正を働いた方が生き残りやすいというのは皮肉な事です。
中には、教授などの指導者から不正なやり方を教わって、それが不正であるとは知らないでいる人達もいました。不正の常習者が競争に勝ち残り、教授のポストを得て学生を指導することによって起きる不正の連鎖です。こうした連鎖はどこかで止めないといけません。

不正が知らないうちに水面下で広がっていてビックリ!、という事にならないためにも、典型的な事例の何例かを参考にして、科学研究のチェック体制システムの弱い部分を補強したり、どういう行為が不正なのかという確認と共通認識を広めていくことが必要だと思います。

研究不正に対する厳罰化というのは、あまり対策として有効ではなく、逆に、罰則を厳しくする事で不正行為を隠ぺいしようとする力が強まってしまう恐れがあります。それよりも、不正行為が常習化する前の初期の段階でできるだけ発覚して止めさせる方が傷が浅く済みますし、有効だと思います。
内部告発で発覚する場合も多いのですが、研究機関では内部告発者保護が十分ではなく、報復人事が行われた事例も複数発生しています。「不正ではないか」と思った時に、安心して相談できる窓口が少ないという問題があり、また、組織内で相談すると揉み消されるのではないかと相談を躊躇する人達もいます。
所属組織の他にも、不正行為かどうか相談できる所を増やしていくと良いのではないかと思います。(特に、学長や学部長などの組織の上層部が関与している場合は組織内での隠蔽が心配されるので、第三者機関による相談窓口があると心強いです。相談した記録が外部機関に残ることで、相談者のレスキューになる事も考えられます)
「不正では?」と察知した早い段階でアドバイスができれば、救えるケースが増えると思います。

研究不正の中で特徴的な行為の1つは、思った通りのデータが出ない時に、データを改竄したり捏造するケースです。想定とは違う結果が得られた場合は、新発見のチャンスでもあるのに、それを間違いとして捨ててしまい、事実と違うデータで論文を書いてしまうのです。分子生物学会の最終日での高井研さんの講演にもありましたが、本来なら、自分の推論と違う事が分かった時こそ、研究者はワクワクして探求心を刺激されるものなのです。私にも覚えがあります。(「きっとこうなるはず」と思っていたのと違う結果になった事が、自分で選んだD論のテーマとなりました)

研究不正は、何重にも科学研究の足を引っ張ります。正直者が馬鹿を見るというのは、特にアカデミックの世界ではできるだけ無くしていくべきです。運悪く不正が行われている研究室に入ったことで不本意に巻き込まれてしまった人達のレスキューもなんとかできないものかと思います。人材の損失です。
この問題については色々と考えさせられる事が多く、後でまとまったものを書こうと思っています。

引き続き、研究不正に関する体験談を募集しています。ご本人の承諾なく、お名前を出すことはしません。メールアドレスは katasekumiko@yahoo.co.jp です。


関連エントリー

「研究不正」をどう防ぐか<上>
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20130905/1378403078

「研究不正」をどう防ぐか<下>
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20130905/1378403017