読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガーディアン紙が掲載した、放射線に効くと宣伝されるサプリに関する批判記事の紹介

放射線

もうダマされないための「科学」講義』 (光文社新書)−「付録」に記載のURL集はこちら
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20111009/1318150706


Post-Fukushima 'anti-radiation' pills condemned by scientists
福島原発事故後の「抗放射線錠剤」が科学者達から非難されている
http://www.guardian.co.uk/environment/2011/nov/21/christopher-busby-radiation-pills-fukushima?CMP=twt_gu
Green party distances itself from Dr Christopher Busby, a former spokesman promoting products following Japanese nuclear disaster
緑の党は、日本の原発災害の後で製品を宣伝している元スポークスマンのクリストファー・バズビー博士と距離を置く

The Green party's former science and technology spokesman is promoting anti-radiation pills to people in Japan affected by the Fukushima nuclear disaster, that leading scientists have condemned as "useless".

緑の党の元科学技術スポークスマンが放射線錠剤福島原発災害の影響を受けている日本の人々に宣伝しているが、主要な科学者達は「役に立たない」と非難をしている。

Dr Christopher Busby, a visiting professor at the University of Ulster, is championing a series of expensive products and services which, he claims, will protect people in Japan from the effects of radiation. Among them are mineral supplements on sale for ¥5,800 (£48) a bottle, urine tests for radioactive contaminants for ¥98,000 (£808) and food tests for ¥108,000 (£891).

アルスター大学の客員教授であるクリストファー・バズビー博士は、日本にいる人達を放射線の影響から守るだろうと彼が主張する一連の高価な製品とサービスミネラル・サプリメントがを支持している。その中では、一瓶¥5,800 (£48)で売られており、放射能汚染を調べるための尿検査が¥98,000 (£808)、食品検査が¥108,000 (£891)となっている。

The tests are provided by Busby Laboratories and promoted through a body called the Christopher Busby Foundation for the Children of Fukushima (CBFCF). Both the pills and the tests are sold through a website in California called 4u-detox.com, run by a man called James Ryan.

検査はバズビー研究所で提供されており、Christopher Busby Foundation for the Children of Fukushima (CBFCF)という団体を通じて宣伝されている。薬と検査は両方とも4u-detox.comというカリフォルニアにあるジェームズ・ライアンという人物が運営するウェブサイトを介して販売されている。

Though a controversial figure, Busby has been championed by the anti-nuclear movement and some environmentalists. He is still consulted by the Green party on issues such as low-level radiation and depleted uranium, but when contacted by the Guardian the party distanced itself from Busy's activities. Penny Kemp, the Green party communications director, said that the party did not condone Busby's promotion of the products.

物議を醸す人物ではあるが、バズビーは反核運動と一部の環境保護主義者によって擁護されてきた。彼は今でも緑の党から低レベル放射線劣化ウランのような問題について相談を持ちかけられているが、その党はガーディアンが連絡をした時に自らバズビーの活動と距離を置いた。緑の党の広報責任者であるペニー・ケンプは、党はバズビーのその製品宣伝を容認しないと述べた。

In a video on YouTube, Busby says that the calcium and magnesium pills will be supplied "at the cost of production". But the prices being charged by 4u-detox.com are far greater than those of other mineral supplements on sale in Japan. Chemists in Tokyo sell bottles of 200 pills containing similar combinations of ingredients for ¥1,029 (£8.49). James Ryan's website also charges a minimum shipping cost of ¥2,300 (£19).

YouTubeのビデオで、バズビーはカルシウムとマグネシウムの錠剤を「製造原価で」供給すると述べている。しかし、4u-detox.comにより課せられている価格は日本で販売されている他のミネラル・サプリメントよりもはるかに高い。東京の薬屋では同様な成分の組み合わせ含んでいる200錠の瓶を¥1,029 (£8.49)で売っている。ジェームズ・ライアンのウェブサイトは¥2,300(£19)の最低輸送コストも請求している。

The Japanese government already monitors human exposure to radiation and tests food and water, banning contaminated products from sale. It works to stricter radiation limits than the EU.

日本政府はすでに人の放射線被曝をモニターし、食物と水を調べ、汚染した産物の販売を禁じている。それは、EUよりも厳しい放射線制限として働いている。

Fukushima prefecture has launched a comprehensive radiation testing programme, as well as distributing radiation monitors to 280,000 children at elementary and junior high schools. Hospitals at the edge of the exclusion zone are offering full body radiation scans and the government plans to check the thyroid glands of 360,000 children by March 2014 — with follow up tests continuing for the rest of their lives.

福島県は、小学校と中学校の280,000人の子ども達に放射線モニターを配布するのみならず、包括的な放射線調査プログラムを開始している。立ち入り禁止区域の辺縁にある病院は全身放射線スキャンを提供しており、政府は2014年3月までに360,000人の子供たちの甲状腺をチェックする計画をしている−追跡調査は彼らの生涯にわたって継続する。

The CBFCF also solicits donations from the public, to be paid into an account called Green Audit at a bank in Busby's home town of Aberystwyth. Green Audit is an environmental consultancy and research organisation founded by Busby.

CBFCFはバズビーの故郷であるアベリストウィスにあるGreen Audit名義の口座に払い込まれる寄付金も一般の人達に求めている。Green Auditはバズビーによって設立された環境コンサルタントと研究の組織である。

Launching the products and tests, Busby warns in his video of a public health catastrophe in Japan caused by the Fukushima explosions, and claims that radioactive caesium will destroy the heart muscles of Japanese children.

製品と検査を開始しつつ、バズビーは、福島原発の(水素)爆発で起きた日本の公衆衛生大災害について、彼のビデオで警告し、放射性セシウムが日本の子供たちの心筋を破壊するだろうと主張している。

He also alleges that the Japanese government is trucking radioactive material from the Fukushima site all over Japan, in order to "increase the cancer rate in the whole of Japan so that there will be no control group" of children unaffected by the disaster, in order to help the Japanese government prevent potential lawsuits from people whose health may have been affected by the radiation. The pills, he claims, will stop radioactive contaminants attaching themselves to the DNA of Japanese children.

彼はまた、放射線によって健康に影響を受ける可能性のある人達からの日本政府に対する訴訟の可能性を妨げられるように、日本政府がその災害の影響を受けていない子ども達の「対照群が無くなるように、日本全体でがん罹患率を上昇させ」るために、放射性物質を福島の場所から日本の各地にトラックで運んでいると主張している。その錠剤は、彼の主張では、放射能汚染物質が日本の子供たちのDNAに付着するのを阻止するという。

But Gerry Thomas, professor of molecular pathology at the department of surgery and cancer at Imperial College, London, describes his statements about heart disease caused by caesium as "ludicrous". She says that radioactive elements do not bind to DNA. "This shows how little he understands about basic radiobiology." Of the products and services being offered, she says, "none of these are useful at all. Dr Busby should be ashamed of himself."

ロンドンにあるインペリアル・カレッジの外科および癌学科の分子病理学教授であるジェリー・トーマスは、彼のセシウムに起因する心臓病についての意見を「ばかげている」と評する。彼女は、放射性元素はDNAと結合しないと述べる。「これは、彼がいかに基礎的な放射線生物学の理解に乏しいかというのを示している」 提供されている製品とサービスについては、彼女は「これらはどれも全く役に立たない」 「バズビー博士は自らを恥じるべき」

Professor Ohtsura Niwa, a member of the International Commission on Radiological Protection, said that Busby had offered no evidence for his claims of deliberate contamination. "It is not possible for the government and Tepco [the company that runs the Fukushima nuclear plant] to cheat people, now that so many citizens equipped with dosimeters are measuring radiation levels all over Japan," he said.

国際放射線防護委員会のメンバーであるオオツラ・ニワ教授は、バズビーは意図的な汚染の主張についての証拠を示してこなかったと述べる。「政府と東電[福島原発を経営する会社]が人々を騙す、のは現在とても多くの市民が線量計を備えて、日本の至る所で放射線レベルを測定していることから不可能だ」と述べた。

Niwa described Busby's faith in magnesium and calcium supplements for guarding against radionuclides such as strontium, uranium and plutonium as "baseless".

ニワは、マグネシウムとカルシウムのサプリメントが、ストロンチウムウランプルトニウムのような放射性核種から守るというバズビーの信念は「根拠がない」と評した。

A Japanese government spokesman also rebutted the accusation of deliberately contaminating other parts of Japan. Noriyuki Shikata, deputy cabinet secretary for public affairs in the prime minister's office, said that so far only tsunami debris from Miyako in Iwate prefecture has been transported to Tokyo for incineration, adding that the disposal of waste generated by the disaster applies only to Iwate and Miyagi prefectures, not Fukushima.

日本の政府スポークスマンも、日本の他の地域を意図的に汚染するという告発に反論した。四方敬之内閣副広報官は、これまで岩手県宮古からの津波瓦礫のみが焼却するために東京に輸送されており、加えて、災害によるゴミの廃棄に適用するのは福島県ではなく岩手県宮城県のみであると述べた。

"At this point, there are no plans to transport radioactive waste outside Fukushima prefecture," Shikata said. "Efforts are now being co-ordinated to construct intermediate storage facilities for radioactive waste inside Fukushima prefecture."

「現時点で、福島県の外に放射性の廃棄物を輸送する計画は無い」と四方は述べた。「放射性の廃棄物のための中間貯蔵施設を福島県内に建設するための調整に尽力している」

Yasuhito Sasaki, executive director of the Japan Radioisotope Association, described the idea that large swaths of the country were being deliberately contaminated as "ridiculous". "No decision has been made on the final disposal of radioactive waste," he said. "Local governments in Fukushima haven't even approved a government proposal to store it locally on a temporary basis."

日本アイソトープ協会の常務理事である佐々木康人は、国の広大な範囲が意図的に汚染されたというのは「ばかばかしい」との考えを表明した。彼は「放射性の廃棄物の最終処分の決定はされていない」と述べた。「福島の地方自治体は、一時的にそれを地元で保管するという政府提案の承認すらしていない」

Busby told the Guardian that the money from the sales of pills and tests goes to the CBFCF, which was established by James Ryan. When asked what his involvement with the foundation is, Busby said: "It's got nothing to do with me. He phoned me up and asked if he could use my name and I said he could." But he added: "I'm conducting the tests. I promised him I would measure the samples he sent to me." Asked if Busby Laboratories was his operation, he said, "I'm Busby Laboratories."

バズビーはガーディアンに錠剤と検査の売り上げからの金は、ジェームズ・ライアンが設立したCBFCFに行くと話した。その基金への彼の関与はどの様なものかと尋ねると、バズビーはこう述べた:「私とは何も関係が無い。彼が私に電話をしてきて私の名前を使ってもいいかと尋ねて、私はそうしていいと言った」 しかし、彼はこう付け加えた:「私は調査を行っている。私は彼に、彼が私に送るサンプルを測定すると約束した」 バズビー研究所は彼の運営かどうか尋ねると、彼は「私がバズビー研究所だ」と述べた。

Ryan did not respond to a question from the Guardian on why the products and services provided by 4u-detox.com are so expensive. Nor did he provide any evidence for the efficacy of the products when asked.

ライアンは、なぜ4u-detox.comが提供する製品とサービスはそんなに高価なのかというガーディアンからの質問に返答しなかった。彼はその製品の効果について尋ねた時も何の証拠も提供しなかった。

He did say: "All money from 4u Detox goes to children of Fukushima and children throughout Japan. We have donated a great amount to children of Japan".

彼はこう述べた:「4u Detoxからの全ての金は福島の子ども達と日本全国の子ども達に行く。我々は日本の子ども達に多額の寄付をした」

                                                                                                                                                • -

・Products and services offered by Busby Laboratories and sold through 4u-detox.com
製品とサービスはバズビー研究所によって提供され、4u-detox.comを介して売られる。

                                                                                                                                                • -

Testing urine for uranium and strontium: ¥98,000 (£808)
ウランストロンチウムを調べる尿検査:¥98,000 (£808)

Testing food for caesium and iodine: ¥29,800 (£246)
セシウムヨウ素を調べる尿検査:¥29,800 (£246)

Testing food for plutonium, uranium and strontium: ¥108,000 (£891)
プルトニウムウランストロンチウムを調べる食品検査:¥108,000 (£891)

Testing water for caesium and strontium: ¥59,800 (£493)
セシウムストロンチウムを調べる水の検査:¥59,800 (£493)

Russian-made radiation monitors: ¥28,000 yen + ¥3,200 yen for shipping (£257 in total). The same model is available on eBay for £170, including shipping costs.
ロシア製の放射線モニター:¥28,000 + ¥3,200の送料(合計£257)
同じモデルが送料込み£170でeBayから入手可能。 


※このガーディアン紙の記事に関する情報がkumicitさんのブログ「忘却からの帰還」で提供されています。
・The GuardianがRyan基金とDr.Busbyを取り上げた
http://transact.seesaa.net/article/236534207.html

バズビー・サプリに関する情報は、FEDisさんのブログに詳しい情報が提供されています。
・ バズビーサプリを調べてみよう(思いがけないオマケ付きw)
http://ameblo.jp/fedis/entry-11075884328.html
・見えない恐怖って放射線だけでしょうか?
http://ameblo.jp/fedis/entry-11085514899.html#main

[追記]
バズビー氏は、バズビー基金(CBFCF)を介した高額でインチキなサプリ販売が紹介した記事によって国際問題となってから、慌ててその団体と縁切り宣言をして逃げました。
バズビー基金(CBFCF)のHPは彼から縁を切られた後も、バズビー氏の写真をトップに飾ったままで放置されています。如何に彼らはいい加減だったかということです。