読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年もジェイムズ・ランディ教育財団の「Pigasus賞」が発表されました。

ニセ科学 ホメオパシー 医療 発達障害 マスコミ

ジェイムズ・ランディ教育財団(JREF)は、毎年エープリルフールに「Pigasus賞」を発表します。
今年も例年通りに5つの部門の受賞者が発表されました。

・The 5 Worst Promoters of Nonsense
トンデモの推進者達のワースト5
http://www.randi.org/site/index.php/jref-news/1260-pigasus-2011.html

Since 1997, the JREF’s annual Pigasus Awards have been bestowed on the most deserving charlatans, swindlers, psychics, pseudo-scientists, and faith healers—and on their credulous enablers, too. The awards are named for both the mythical flying horse Pegasus of Greek mythology and the highly improbable flying pig of popular cliche.

1997年以来、JREFの年間ピガサス賞は最もそれに値する、ペテン師、詐欺師、超能力者、ニセ科学者、そして信仰治療師と彼らの騙されやすいありがた迷惑な人達についても、授けられてきました。その賞は、ギリシャ神話の空飛ぶ馬である「ペガサス」とほとんどありそうにないことの喩えとしての決まり文句である「空飛ぶ豚」との両方から名付けられました。

ピガサス(Pigasus)とは、こんなのです。

These are this year’s “winners.”
今年の「受賞者」は次の通りです。

•The Scientist Pigasus Award goes to NASA Engineer Richard B. Hoover, who recently announced for the third time in 14 years that he had found evidence of microscopic life in meteorites. Along with the crackpot Journal of Cosmology—a now-defunct publication founded in 2009 to publish articles advancing the scientifically unsupported idea that life began before the first stars formed and was spread throughout the early universe on meteors—Hoover pitched his warmed-over ideas to Fox News, an outlet not known for their attention to facts. Predictably, Fox News ran with the story, convincing many people that NASA had discovered extraterrestrial life.

NASAのエンジニアRichard B. Hooverに、ピガサス 科学者賞

彼は最近、14年で3回目になる隕石に微生物の証拠を見つけたという発表をしました。
Journal of Cosmology と共に、Hooverは彼の温め直したアイデアを、事実に対する配慮が知られていないFox Newsに売り込みました。狂気じみたJournal of Cosmologyは科学的に支持されない、生命は最初の星が形成される前に始まっており隕石に付着して初期宇宙の至る所に広がっていた、という考えを進める論文を発表するために2009年に創立されました。予想通りに、Fox Newsはこの話を流し、多くの人々にNASA地球外生物を発見したと信じ込ませました。

こちらがそのJournal of Cosmologyのホームページです。
http://journalofcosmology.com/
なんだか、いかにも怪しそうなJournalに見えてしまうのは、先入観のせいでしょうか?(笑)

そしてこちらが、発見された「地球外生命体の化石」だそうです。

複数ある、にょろっとしたのがそうらしいです。

この発見については、NASA宇宙生物学研究所のCarl Pilcher所長や科学ミッション部門のPaul Hertz氏が、Hoover氏の主張を裏付ける科学的根拠はないとする見解を正式に示しています。

•The Funder Pigasus Award goes to CVS/pharmacy, for their work to support the manufacturers of scam “homeopathic” medications who sell up to $870 million a year in quack remedies to U.S. consumers. Homeopathic remedies contain none of the active ingredient they claim, and homeopathy has been shown to be useless in randomized clinical trials. CVS/pharmacy sells these quack products in thousands of stores across the U.S., right alongside real medicine, with no warning to consumers. Instead of giving their customers the facts about homeopathy, CVS/pharmacy executives are cashing in themselves by offering their own store-brand of the popular homeopathic product oscillococcinum. Oscillococcinum is made by grinding up the liver of a duck, putting none of it onto tiny sugar pills—that’s right, none of it—and then advertising the plain sugar pills as an effective treatment for flu symptoms.

CVS/ファーマシー(薬局)に、ピガサス 資金提供者賞

インチキなレメディを米国の消費者に売って年間8億7千万ドルを稼いでいる、詐欺な「ホメオパシー」薬の製造業者を援助する彼らの働きに対して贈呈。ホメオパシー・レメディは有効成分を全く含まないと彼らは主張しており、ホメオパシーは無作為化臨床試験で効果が無いと示されています。CVS/ファーマシーは、これらのインチキ製品を米国中の数千の店舗で消費者に何の警告も無く本物の薬と一緒に並べて売っています。ホメオパシーについての真実を消費者に知らせる代わりに、CVS/ファーマシーの重役達は人気のあるホメオパシー製品であるoscillococcinumの自ブランド商品を提供することで率先して利益を得ています。Oscillococcinumはアヒルの肝臓をすり潰して作られますが、その小さな砂糖玉の中にはそれは何も入っていません−ほんとに、何にもそれが入っていないのです−そんなただの砂糖玉をインフルエンザの諸症状に有効だとして宣伝しています。

Oscillococcinumは、こんなパッケージで売られています。子ども用まであります。 困ったものです。
  

中身はただの砂糖玉です。

製造元のBOIRON社はフランスにある世界最大のホメオパシー・レメディ製造会社です。この会社は、別エントリーで紹介した字幕付き動画"ホメオパシー 治療か詐欺か (Cure or Con) by CBC/カナダ" でカナダCBCのテレビ番組での取材先の1つとして出てきています。
ホメオパシー・レメディには薬効が無いってホント?
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20110221/1298291420

このOscillococcinumについては、こちらのブログ記事が参考になります。
・忘却からの帰還−まさに「いんちき商品」
http://transact.seesaa.net/article/170564644.html

•The Media Pigasus Award goes to Dr. Mehmet Oz, who has done such a disservice to his TV viewers by promoting quack medical practices that he is now the first person to win a Pigasus two years in a row. Dr. Oz is a Harvard-educated cardiac physician who, through his syndicated TV show, has promoted faith healing, "energy medicine," and other quack theories that have no scientific basis. Oz has appeared on ABC News to give legitimacy to the claims of Brazilian faith healer “John of God,” who uses old carnival tricks to take money from the seriously ill. He's hosted Ayurvedic guru Yogi Cameron on his show to promote nonsense "tongue examination" as a way of diagnosing health problems. This year, he really went off the deep end. In March 2011, Dr. Oz endorsed "psychic" huckster and past Pigasus winner John Edward, who pretends to talk to dead people. Oz even suggested that bereaved families should visit psychic mediums to receive (faked) messages from their dead relatives as a form of grief counseling.

・Mehmet Oz博士に、ピガサス メディア賞

TV視聴者達にインチキな医療行為を普及させることで危害を与えるなどをして、彼は現時点で2年連続してピガサス賞を受賞した最初の人物です。Oz博士はハーバードで教育を受けた心臓の専門医であり、彼が配給するTVショーを通じて、「エネルギー薬」という信仰治療や、科学的な根拠の無いその他のインチキ理論の普及を促進させてきました。Oz は、古い見世物手品を使って深刻な病気の人からお金を取るブラジル人の信仰治療師「神のジョーン」の主張に正当性を与えるためにABCニュースに出演してきました。彼はアーユルヴェーダの教祖であるYogi Cameronを彼のショーでもてなして、健康問題を診断するやり方としてナンセンスな「舌検査」を宣伝しました。今年、彼は本当に見境を無くしました。2011年3月に、Oz博士は「霊能力」ペテン師であり、死者達に話し掛ける振りをして過去のピガサス賞を受賞したJohn Edwardにお墨付きを与えました。Ozは、悲嘆カウンセリングの1つとして、遺族達は亡くなった親族からの(ニセの)メッセージを受けるために霊媒師達を訪ねるべきだとまで言って勧めました。

写真の左側がOz博士。彼のTVショーの様子です。

演出のためだと思うけれど、わざわざ手術着みたいな服を着て医者っぽい雰囲気をだしてますねぇ。(^^;)

•The Performer Pigasus Award—this year for “Best Comeback”
—goes to televangelist Peter Popoff. Popoff made millions in the 1980s by pretending to heal the sick and receive information about audience members directly from god. He went bankrupt in 1987 after JREF founder James Randi exposed him for using a secret earpiece to receive information about audience members from his wife. Now he’s back to prey on victims of the economic recession. In paid infomercials on BET, Popoff offers “supernatural debt relief” in exchange for offerings of hundreds or even thousands of dollars. This business is so lucrative that according to recent IRS documents, Popoff took in $23.5 million and paid himself and his immediate family more than $1 million in one year alone.

・本年度のピガサス パフォーマー賞は「最高のカムバック」

テレビ宣教師のPeter Popoffに。
Popoffは1980年代に、病気の治療をする振りや、神から聴衆の情報を直接受ける振りをすることで何百万ドルも稼ぎました。彼は、JREFの創立者であるジェームズ・ランディにより、妻から聴衆の情報を受けるために隠しイヤホンを使っていたことを暴露された後、1987年に破産しました。現在、彼は不景気の犠牲者を餌食にする為に戻ってきました。BETの有料情報提供コマーシャルで、Popoffは何百万や何千万ドルもの捧げ物と引き替えに「超自然的債務救済」を提供しています。このビジネスはとても儲かるので、最近のIRS文書によるとPopoffは2350万ドルを手に入れ、彼自身と彼の肉親に1年間だけで100万ドル以上を支払っています。

Peter Popoff氏。

うさんくさ〜〜〜い!

•The Refusal to Face Reality Award goes to Andrew Wakefield, the researcher who launched the modern anti-vaccine panic with unfounded statements linking the MMR vaccine with autism that were not borne out by any research, even his own. In 2010, The Lancet retracted his paper on the MMR vaccine, and this year the British medical journal BMJ called Wakefield’s paper an outright fraud, finding “clear evidence of falsification of data” and that “he sought to exploit the ensuing MMR scare for financial gain,” taking more than $674,000 from lawyers who intended to sue vaccine manufacturers. Yet Wakefield continues to ask the public to believe he is the victim. In a recent article in NaturalNews, Wakefield called the American Academy of Pediatrics and The Lancet “instruments of a state that I don't really want to be associated with.”

・Andrew Wakefieldに、ピガサス 現実逃避賞

どんな研究にも、あまつさえ彼自身の研究によっても裏付けられないMMRワクチンと自閉症を関連付けた事実無根の声明による現代の反ワクチンパニックを引き起こした研究者。2010年に Lancet誌はそのMMR vaccineについての論文を取り下げ、そして今年には英国の医学誌であるBMJが「データ改ざんの明かな証拠」を見つけたこと、ワクチン製造会社を訴訟する意図のあった弁護士達から674,000ドル以上を受け取っていて「彼は金銭上の利益のためにその後のMMRの恐怖を利用したと考えられる」としてWakefieldの論文は全くのでっち上げだと見なしました。けれどもWakefieldは、彼が被害者であると信じることを一般の人達に懇願し続けています。最近のNaturalNewsの記事では、Wakefieldは米国小児科学会とLancet誌を「絶対に関わり合いたくない政府の道具」だと決めつけていました。

Andrew Wakefield氏

後ろに、Autism(自閉症)の文字が…。

NaturalNewsについては、Andrew Wakefield氏を支持している他にも、ホメオパシーなどのトンデモも支持しており、別のエントリーでも登場しています。
ホメオパシー・レメディには薬効が無いってホント?
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20110221/1298291420

Andrew Wakefield氏がPigasus賞を受賞した件については、すでに別のブログでも取りあげられて、色々と詳しく解説されています。
・ベムのメモ帳−「自閉症ワクチン原因説:Andrew WakefieldがPigasus賞を受賞」
http://d.hatena.ne.jp/bem21st/20110404/p1


Andrew Wakefield氏が引き起こしたMMR自閉症が関係しているとのデマについては、このブログの別のエントリーでも取りあげています。まだ読まれていない方は、どうぞ読んでみて下さい。

・予防接種で自閉症になるってホント?
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20110111/1294727614

MMRワクチンと自閉症の捏造論文事件に関する歴史
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20110114/1294953646

・予防接種で自閉症になるという恐怖の拡大に加担したマスコミ側の問題について
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20110120/1295526687

また、予防接種全般に関しては、こちらもどうぞ。
・予防接種はしない方がいいってホント?
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20110328/1301333024