読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「たかがプラセボ効果、されどプラセボ効果」

さて、先の記事でホメオパシー・レメディには「プラセボ以上の効果しかない」と書きましたが、この「プラセボ効果」とは何でしょうか?


プラセボ効果とは?>

プラセボ効果」なんて言葉を使うと知らない人には何か特殊な効果に思えてしまうかも知れませんが、それってレメディではなくても、ごくありふれた別の物からも起きる効果ですし、日常的によくある暗示効果の一種に過ぎないものです。

「いたいの、いたいの、とんでいけ〜」といって、お呪いを唱えると、なんとなく痛みがマシになった様な気がしたり、「これを○○すれば、きっと良くなりますよ」と言われてその通りにしてみるとちょっと体の調子が良くなった様に感じたり、といった具合に暗示をかけてもらう事で、不快な症状が和らいでいく現象などがそれです。

プラセボ効果は単なる思い込みによる「暗示効果」の一種なんですが、痛みなどを中心としてけっこう広範囲に効果が出る様ですね。
今、Ben Goldacre著"Bad Science"を読んでいるのですが、プラセボ効果の色々な事例が紹介してあったりします。 (この本の日本語版が近々出版されるそうです)

薬の色(暖色系は活力促進、寒色系は鎮静効果)や、薬品ぽい匂いなどの装い、ブランド品ぽいパッケージ、それらしい手術や点滴などの施術をした振り、流行の電子機器っぽいもの、事前のポジティブな情報による効果、白衣を着た施術者、医者の何気ない態度なんかが効果を高める手段として列挙されています。

(「流行の電子機器っぽいもの」で、QX-SCIOとかレメディ作成マシンを連想しちゃいました。最新機器っぽいかどうかはさておき…)

これらは、実際の医療の場面を真似て成立しているものですね。
面白いのは、実際の薬でも発売当初の治療効果が、新しいもっと良く効くという新薬の発売後に再度調べると、治療の成績が落ちていたりするそうです。
実際の薬にもプラセボ効果のゲタが履かせられているという例になります。


プラセボ効果のみに頼った「ニセ薬」の問題点>

一般的に病気の多くは放って置いても自然に治癒していくものです。
何の薬効も無くてプラセボ効果しか期待できない「ニセ薬」でも、これを服用してプラセボ効果が働けばなんとなく症状が改善されたと感じたり、プラセボ効果が出なくてもそのニセ薬を服用し続けている間に、自然と治癒してしまうケースは多いと思います。
ですが、病気の中には自然治癒できないものもあって、そういった病気にはプラセボ効果だけでは治癒することは無理です。絶対に忘れてはいけないのはホメオパシーのレメディがどんなにプラセボ効果を高める演出をしていても、本物の薬の効果には敵わないという事です。
※自然治癒が難しい病気までレメディで治そうとしても、どんどん悪化が進むだけであって、何の効果も期待できません。
また、いつかは自然治癒する病気でも、一旦こじらせてしまうと治りが遅くなります。さっさとその病気に対する特異的効果のある本物の薬で治してしまった方が不快な期間が短縮されますし、そっちの方が良いんじゃないかとも思います。

ホメオパシーなどの、(原理が誤っている故に)プラセボ効果しか無いニセ療法のもう一つの大きな問題は、その作用のメカニズムの説明がトンデモであり、患者に誤った病気の知識を広めてしまうという事も社会に害をなす問題として大きいと思います。
それによって、病気に対して本当に効果のある予防法や治療法への恐れと誤解を広めて社会的な普及の妨げにもなってしまいます。

医学知識の無いホメオパスが重大な"誤診"をしたりする危険性と併せて、このようなトンデモ理論に基づく治療法を医療関係者が行うのも、そういう面から見ても問題が大きいと思います。

プラセボ効果のみに頼った「ニセ薬」のその他の問題点として、プラセボ効果というのは痛みなど効果の出やすい方面は一応あるものの、色々な場面で現れたりするので、きちんと検証されないまま「ニセ薬」が用いられていると「あれにも効く、これにも効く」と効果の誤認によって段々と治療の対象が際限無く広がっていき、挙げ句の果てにはその人を巡る社会的な問題まで手広く解決する手段にしようとする悪いクセもある様です。
行き過ぎると一種の宗教的なものにもなっていってしまいがちなのですね。

(例)職場で盗難事件が起きまして、信じがたい思いながらも事件後の不振な動向から<ほぼ>間違いないと思われる人物がおります。[JPHMAのホメオパシー体験談より]

相談なのですが、職場で盗難事件が起きまして、信じがたい思いながらも事件後の不振な動向から<ほぼ>間違いないと思われる人物がおります。お金目当てなら憐れに思いますが、特定の人達が二度三度、重複して被害に遭うというかなり感情の入った嫌がらせの意が浮き彫りである為、許せません。(途中略)悲しいかなメンバーの中に必ずいる、真相を唯一知ってる人の気持ちが揺れます様・・・ちょっとずれた内容でしたらお許し下さい。

東先生
職場で残念な事件が続いて起きているとのこと。今回のような場合、フラワーエッセンスは空間に使用することができます。100mlのスプレー容器にミネラルウォーターを入れ、そこにフラワーエッセンスを30回ほどスプレーし、空間に噴霧してみて下さい。(途中略)使用するエッセンスですが、今回は「防御と浄化」が良いです。それから、ご自身の義憤を如何にすべきか、その方向性についてお考えのようですが、まずは一度、「平安」のエッセンスを併用するなどして、落ち着いた時間を設け、今回の件についていろいろな角度から見つめ直してみるとよいでしょう。また、その中で、何らかの事件を為した人の背景には、やはりインナーチャイルドの問題があり、インチャを形成する出来事があったという視点を持つことは、意味があるのではないかと思います。

まさに、ホメオパシーが抱えている問題に繋がっていきます。
「たかがプラセボ効果、されどプラセボ効果」という感じですね。